FC2ブログ

韓菜和牛コリアハウスBLOG

【韓菜和牛コリアハウスBLOG】
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

食事中のスマホ操作は是か非か?

 近年、家族で来店された際、各自がスマートフォンを操作して無言で食事をされている光景を時々見かけます。そんな時、折角の団欒の機会が損なわれているような気がして、貴重なこの時間をもっと大切にしてほしいな~と思ってしまいます。
 先週のある夜、勤務を終えたアルバイト学生の賄いタイムに、2人のうち1人がスマホの画面にくぎ付けになりながら黙々と食事をしていました。当然そこには会話や笑顔もありません。
 見兼ねた妻が「緊急連絡でない限り食事中は携帯端末を切りなさい」と啓発しました。そこへ間髪をいれず「誰でもやっていることやから注意することやない」と息子の横槍が入りました。
 勤務時間外の私生活に首を突っ込むのはプライベートの侵害であるし食事中の携帯捜査に問題はない、というのが息子の言い分です。しかし、社会人になって会社で部長が社員に注意しているときに、横から課長が「部長の話は聞く必要はない」と横紙破りをして組織が成り立っていけるでしょうか?私は縁あって当店で働いてもらっている若者たちが薫陶を受けるような訓育をすることも重要な責務だと心得ています。
 ただ、その後の賄い時間のテーブル上にスマホが登場することは一切なくなり、歓談しながらの食事タイムになりました。

 そんな折、日本・米国、中国・韓国の小中学生を対象とした「ネット社会の親子関係に関する意識調査」が国立青少年教育振興機構によって行われました。
 それによると、家族と一緒にいるときでもスマートフォンなどの携帯電話を捜査していると答えた割合は日本の小中学生で約4分の1で「たまにある」を合わせると、ほぼ6割にも達しています。4か国中最も高い割合で、2位の米国の約2倍に及んでいます。
 親がスマホを使用しながら話すことが「よくある」と答えた子供たちが「家族と一緒にいるのが楽しいあるいは好き」と答えた割合も低かったという結果が出ています。
 調査では、親とSNSや電話を媒体とするより「直接話す方が好き」という回答が8割に上っています。子供たちの本心は親と直接話したいのだという心情を表出しているように思います。

 角界では昨年10月25日、鳥取巡業を終えた食事会の2次会で、白鳳の説教が一段落したと思った貴の岩がスマホの捜査を開始したのを見とがめた日馬富士が、貴の岩に問い質したところ曖昧な返答に激高した日馬富士が暴行に及んだ事件がありました。
 自らがスマホを手放せないため、子供たちの食事や会話でのマナー違反を叱れない親の世代の行動を反省する必要があるかもしれません。ただ、友人にこの質問をしたところ「明らかなマナー違反だ」という答えと「全く問題なし」という答えは拮抗していました。

 





[ 2018/08/29 23:12 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

遅まきながらLED照明に!

慌ただしかった長いお盆休みが終わり、ホッと一息ついたところです。
さて、当店では「悪徳業者が横行している」とか「ぼったくられた」と言ったインターネットの口コミから、なかなか踏み切れなかったLED照明への全面切り替えをこのほど決行しました。
従来から知人の電気工事士に相談したことがありましたが、「ネットでLED照明器具を購入した方が安価にできますよ」と、取り合ってもらえませんでした。
しかし当店では殆どの照明が調光スイッチを経由しているため、調光スイッチを取り外すかLED用のスイッチに取り換える工事が必要になっていました。
しかも、突然の電球キレに備えて在庫していた高価なハロゲンランプやビーム球もかなりあったので、そのままの状態で放置していました。
そんな中、7月の中旬に(株)ネクシーズの営業担当者が来訪し、丁寧な説明を受けました。一部上場企業の(株)ネクシーズグループの系列企業で、LED照明レンタルサービスを請け負っている企業です。
1週間ほど経って同社から見積もりの資料が郵送されてきました。それによると、現状の店舗分の電気照明代だけで月間19,418円(797kWh)と試算されていましたが、LED導入後は2,346円(93kWh)になるとの試算結果でした。
もしこの見積もりが正確なら、その差額分で月額レンタル料14,000円が完全に浮いてしまう計算になり、電力会社からの請求書を楽しみにしています。

店舗設計においては外観や雰囲気を考慮してハロゲンランプやクリプトン球を多用するのが設計士の常道ですが、電気料金は高くつきます。
韓菜和牛コリアハウスでも50Wのハロゲンを42個、36Wのクリプトンを57個使用していました。それをLEDに交換すると、ハロゲンは6Wに、クリプトンは5Wで済む明るさになります。
工事完了後に実際に点灯してみると、お客様から「明るすぎて落ち着かない」とのご意見があり、同様に感じていたこともあってハロゲンを10個、クリプトンを8個削減しました。
従って月間レンタル料も1,500円ほどのコスト削減となります。
当店では調光スイッチを外して直結する工事が必要でしたが、一般家庭では電球を交換するだけでLED照明に替えられるはずです。但し、蛍光灯に関しては安定期を取り外す工事が必要ですので、工事士への依頼が必要です。

お盆期間中には、水道のカランが故障して水が止まらなくなったり、製氷機と冷凍庫にエラー表示が点滅して狼狽したこともありましたが無事克服できました。台風20号が近畿地方に接近しているようです。十分にお気を付けてください。
[ 2018/08/22 14:21 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

老朽化とトラブル

「マスター奥座敷の呼び出しボタンが鳴りません」「クレッジトカードの端末機にエラー表示が出てカードが通りません」「ポリ袋の封印機が動かなくなりました」「シンクの排水口の接続部が潰れて水がじゃじゃ漏れです」「焼肉ロースターの火が消えてつきません」「エアコンから水が漏れています」ーーこんな小さなトラブルがこのところ相次ぎ、その対処は全て老生に付託されます。

大雨が続いた6日には、メインの漏電ブレーカーが落ちて店内が真っ暗になってしまいました。こんな場合の対応や原因究明もしなくてはなりません。16個の分岐回路のうち1回路に漏電の原因があることが判り、その回路を遮断したうえでメインブレーカーを入れて事なきを得ましたが、それが冷蔵庫や冷凍庫に通電している回路であったら非常事態になるところでした。

これより少し前の猛暑のある日には、昼前に調理場に下りて来てパントリーのコールドテーブルが全く冷えていないのに気付きました。直ぐにメーカーに連絡して商品が劣化する前に至急の修理要請を嘆願しました。これも老生の責務です。

弊店は全面改装し屋号を「コリアハウス」から「韓菜和牛コリアハウス」に替えてから17年が経ちました。その間、新品に交換したものも数多くありますが当時のままのものもかなりあります。それだけに老朽化したものも多くトラブルが増えるのも自明の理ではあります。これまでは15年に達するまでに改装への意欲が高まりリニューアルを実施してきましたが、現在は非効率的な厨房以外の改装意欲が涌きません。多分高齢のせいだと悟っています。老兵は早く撤退しなければならないのですが・・・・。

改装に踏み切れば前述のようなトラブルも一気に減って安眠できるのではないかと思っているのですが。
[ 2018/07/12 01:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

人材サービス会社への掲載直前の応募

 18日朝の大阪北部地震には震撼し驚きました。災厄の大小を問わず幾分かの被害を被られたこととご推察しお見舞い申し上げます。
 さて、当店のスタッフとして、昨年5月から労苦を共にしてきた大阪工大2回生の大利君が7月いっぱいで辞めることになりました。急な出勤要請にも快く応じてくれたし、多忙な日には深夜まで「残業」してくれる真面目な好青年でしたが、親元の経済的都合で実家の兵庫県・三木市から通学することになるのが辞職の理由です。
 大利君からの辞職願を受理したのは4月初旬の頃。早々にアルバイト・正社員募集の張り紙を出しましたが、約1カ月半の間、問い合わせの電話1本さえ入らない状況が続いていました。1週間で10名ほどの応募があったひと昔前とは様変わりです。当時と比較して時間給で100円以上アップしていてもこのような態様です。
 現役の大学生によると、今の学生は殆どがインターネットの求人サイトでアルバイト先を検索しているそうです。このため人材サービス業の「バイトル」を通して募集すべく交渉をしていましたが、担当者が再来訪したその日が応募者との面接の当日でした。もう少し応募が遅ければ「バイトル」との契約を交わすところでしたので僥倖という他ありません。
 求人に応じてくれたのは大阪工大1回生の2人。共に同大学の野球部に所属している巨漢で、1人は広島市・もう1人は神戸市の出身です。スポーツマンらしい実直な対応に好感し2人とも採用することを即決しました。採用の決め手となったのは「学費や生活面で少しでも親の負担を軽減したいから」という泣けるような言葉です。
 神戸市出身の松岡君には、いったん帰宅してその日から働いてもらいました。広島市出身の石井君は翌日の26日から勤務してもらっています。当店の狭い調理場で5人がひしめき合うには無理があり、大利君が退職するまでは交互に入ってもらって研修を積んでもらう予定です。
 まだ不行き届きの面があるかもしれませんが、これから頑張る18歳の若者に温かいご支援のほど偏にお願い申し上げます。
[ 2018/06/27 19:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

定休日が待ち遠しい訳は?

若い頃は自信に溢れ「仕事が趣味?」と問われるほど意欲的だったのに、最近はなぜか不安と恐怖に襲われて休日が来るのを楽しみに日々働いているような気がします。

体力気力が委縮していっているせいかもしれませんネ。アメリカの実業家で詩人のサムエル・ウルマンは「人は自信と共に若く  恐怖と共に老ゆる」と語っています。と言っても仕事が嫌なわけでもなく歓喜と興味に溢れた幸福な人生だと感謝さえしています。

それなのに定休日の朝に目覚めると、この上ない解放感に包まれた底知れない至福を感じるのです。休日でもゴルフ休止中の身で特にこれといった愉しみがあっる訳ではありません。普段と同じ時間に起きて新聞を読みながらコーヒーを飲み、ランチを食べて映画を観るかスーパー銭湯へ行き、店の買い物をしてから帰宅して麻雀のメンバーが揃うのを待つだけの1日です。

ゲスト2人が集まると、妻を交えた4人でゲーム開始です。仕事帰りのもう1人の仲間が来訪すると、切りの良いところで私と交代します。この時から麻雀が終わるまでの間に、営業日に出来なかった事務処理や郵便物の整理を済ませてブログを書き始めます。ゲームが早めに終了してブログが途中までしか進んでいなければ「下書き」に保存して翌週に続きを書くか、深夜の晩ごはんを食べてから完成させます。

ただ麻雀メンバーが2人しか集まらない週は、夕方6時から午前0時~1時頃まで私が通しで参加するのでこの作業ができません。従ってこの週はデスクの上に書類や伝票が山積みになってしまうことが多々あります。その対策として営業中の暇な時間があれば仕事場を逐電して階上で事務仕事に専念して対処しています。仕事以外で商店会の活動にも犬馬の労を取っているのでそれに伴う用事が発生します。特に決算期は多忙です。

顧みれば営業日は起床から就寝まで就業時間に拘束されています。休日がこんなに楽しみなのはこんなところに理由があるのかもしれません。

[ 2018/06/13 23:20 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひがし(チェ・従業員)

Author:ひがし(チェ・従業員)
   
関西焼肉の女王、
いかりんさん始め、
多くの方々のサポートにより、
関西テレビ「ほんじゃに!」
「よーいドン!」
「モモコのOH!ソレみーよ!」

雑誌「焼肉ニクいっす!」

「特上 関西肉本」、
「KANSAI WALKER」等々、

数々のメディアに
ご紹介頂けるまでになりました。

創業40年、
全ての商品を国産&和牛に
こだわり続け、
地元千林でひっそりと
こつこつやってます。

皆様、ぜひ来ておくんなれー

大阪市旭区大宮3丁目18の18
06・6953・9715
06・6955・1801

定休日:水曜日(祝祭日は営業!翌日の木曜日に代休)

韓菜和牛オフィシャルホームページ

メールはこちら!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム