FC2ブログ

韓菜和牛コリアハウスBLOG

【韓菜和牛コリアハウスBLOG】
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

久しぶりの一泊旅行

9月11日(月)から3日間お休みを頂戴し、知らずにご来店くださったお客様にはご迷惑をおかけしました。大変申し訳なく存じます。

当店の連休は年に2回限りです。正月とお盆休みの代休として、時期をずらせてそれぞれ2月と9月の初旬頃を目処としています。

当家でたった一人の孫が中学生になるまでは、夏休み期間中に小豆島、南部(和歌山県)、鳥羽、城崎など孫が喜ぶ海水浴場間際のホテルで連泊していましたが、中学生になって部活で休みが取れなくなってからはこの慣行プランは消滅してしまいました。

以来、旅行と言えば夫婦の二人旅となり、旅行会社が主催するツワーへの参加が主流となりました。ツワーは添乗員さんが見知らぬ名所旧跡に案内してくれるし、昼食の手配も準備してくれています。これほど楽なことはありません。初対面の同行仲間との会話も新鮮です。

難点と言えば、観光バスを降りてからの見学時間が制約され、次の目的地への出発時間を厳守しなければならないという些細なこと。大概の方は集合時間5分ほど前には指定座席に着席しており、ギリギリで乗り込むと皆の視線を浴びることもあります。もうひとつは個人的な理由ですが、出発日の集合時間が早すぎること。就寝時間が深夜2時を回る身としては、午前8時より前の現地集合はとても負担に感じます。

勢い稀にしかない集合時刻が9時以降のツワーを探し当てて申し込むのですが、旅行シーズン外という事情もあって、最低応募人数に届かなくて中止になっていることが大半です。今回も集合時間がゆっくりの「箱根への旅」を探り当てて申し込んだのですが、やはりそれを理由に断わられてしまいました。

止む無くホテルだけを旅行会社を通じて予約してもらい、目的地までのドライブとなりました。今年は上映中の映画「関ヶ原」を観た影響もあって、豊臣秀吉とゆかりの深い滋賀県・長浜を目的地としました。

宿泊先は琵琶湖湖畔の大きなホテルで、眼下には昭和58年に再建された長浜城が望見できました。11~12日は生憎の雨で見学できたのは長浜城(歴史美術館)と有名な黒壁ガラス館だけでした。帰路の途中で「彦根城」に立ち寄る計画でしたが、雨のためそれも断念。宿泊客に絶賛の琵琶湖に沈む夕日も雲に隠れて見ることは叶いませんでした。ママさんはそれまでの疲れがどっと出たのか体中に湿布を張って寝ましたが、痛みでほとんど眠れない状態でした。

このように散々な旅でしたが、非日常空間に浸って「まったけづくしと近江牛」の滋味を堪能できた幸せをしみじみと噛みしめています。

スポンサーサイト
[ 2017/09/20 23:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

決して忘れることのない恩師からの電話

8月末、充電中の携帯電話に着信の知らせが入りました。発信者はなんと韓菜和牛コリアハウス創業の恩師「石原巌さん」でした。
師については、かつて創業40周年に寄せて書いたブログ「弊店の沿革」で詳しく記載しました。

師は元々和食の住み込みの板前修業で辛酸を嘗め尽くした寿司職人で、当店に就労したのは40歳の頃でした。

コリアハウス開業数日前の初出勤の日から、調理場経験のないど素人の私に、野菜の盛り付け方から包丁の研ぎ方、衛生管理に至るまで意欲的に教授してくれました。

オープン初日にあまり高評価を得られなかったタレに対して、職人としての矜持が闘志を燃え上がらせ、翌日からその研究に取り組んでいた熱意には鬼気迫るものがありました。当時、京阪沿線「古川橋」の自宅から通っていましたが、暫くしてからは店の近所にアパートを借りて、そこをタレの実験室として退社後に研究を続けておられました。そのアパートの部屋には数多の調味料の小瓶が山のように積まれていました。

私がこの事実を知ったのは約1年の歳月をかけて現在のタレを完成させた後のことだったのです。師のこうした影の努力のおかげで、無知だった牛肉の勉強、仕入れ先の開拓と確保、経理の勉強にに没頭できました。

開業後3年足らずで、師は「もうアンタに教えることは何もなくなった」と言って弊店を去り、古巣の「づほらや」に戻って再度和食の世界で辣腕をふるっていました。幼かった息子たちや妻を連れて師の配属先となった「づぼらや北新地店」に食事に行って歓談したことも楽しい思い出です。

それから20年ほど過ぎて師が定年退職した時、前の建物を全壊して新築した当店を来訪してくれました。退職の報告と故郷の奄美大島・徳之島に帰るという通知のためです。当店に在職中から「将来はふる里に帰りたい」という夢が現実となりました。まだ幼稚園児だった息子たちのことや妻の名前もはっきり覚えておられて、拡張した店を我がことのように喜んでくれました。

徳之島に帰ってからは得意の料理を武器に民宿を営んでいましたが、高齢のため数年前に廃業したそうです。一度はその宿に行きたい逸る気持ちは強くありましたが、この希望はついに叶いませんでした。

その後、足腰の具合が悪化し長期の入院を余儀なくされましたが、療養中に思い出すのは当店のことばかりで、退院を機に電話をかけたと話していました。徳之島のハブやドラゴンフルーツ、ヤシの実、温暖な気候風土の話なども教えてくれた恩師も85歳。師の健康と多幸を祈るとともに、大いなる薫陶を授けてくれた師に恩返ししたい気持ちで一杯です。




[ 2017/09/13 17:53 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひがし(チェ・従業員)

Author:ひがし(チェ・従業員)
   
関西焼肉の女王、
いかりんさん始め、
多くの方々のサポートにより、
関西テレビ「ほんじゃに!」
「よーいドン!」
「モモコのOH!ソレみーよ!」

雑誌「焼肉ニクいっす!」

「特上 関西肉本」、
「KANSAI WALKER」等々、

数々のメディアに
ご紹介頂けるまでになりました。

創業40年、
全ての商品を国産&和牛に
こだわり続け、
地元千林でひっそりと
こつこつやってます。

皆様、ぜひ来ておくんなれー

大阪市旭区大宮3丁目18の18
06・6953・9715
06・6955・1801

定休日:水曜日(祝祭日は営業!翌日の木曜日に代休)

韓菜和牛オフィシャルホームページ

メールはこちら!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム