FC2ブログ

韓菜和牛コリアハウスBLOG

【韓菜和牛コリアハウスBLOG】
2016 031234567891011121314151617181920212223242526272829302016 05

白内障の手術

19日(火)、妻が白内障の日帰り手術をしました。同時に遠視の矯正手術も施術したので時間は約1時間ほどかかりましたが、痛みなどがなく大きな眼帯を右目にしたまま仕事に従事しました。

この日は彼女の親友で、手術経験のあるE I さんが「自転車で行く」といっていた妻を強硬に制止し眼科医までの送り迎えに同伴して下さいました。

20年ほど前、私の姉が2週間の入院を要し手術をしたころと比べると、医学の進歩に驚嘆してしまいます。

翌20日(水)に消毒と検診のため同院を訪ねると、施術前に0.2程度だった視力が1.0にまで矯正され「白内障の手術も成功です」と嬉しい結果報告を院長から受けました。

来週の26日(火)には残り片方の目の手術を受ける予定です。

上手くいくと長年手放せなかった眼鏡ともオサラバ出来るかも知れません

そうなるとこれまでのような失敗も無くなるでしょうか?

テレビのリモコンのチャンネルボタンを、連絡先の電話番号通りに押して耳にあて乍ら「あれっ?通じへん」という失態を演じたり、バッグの中に財布と間違えって電話の子機を入れて買い物に出掛けたり、自分のバッグに入れるべきカギを息子の嫁さんの買い物袋に入れて「鍵がない」と大騒ぎしてドアの鍵を総入れ替えしたりしたことも。
スポンサーサイト
[ 2016/04/20 16:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

新型ロストルクリーナーを導入へ!

当店が初めて自動鉄板洗浄機(ロストルクリーナー)を導入したのは今から25年ほど前のことです。

焼肉店にとって鉄板や網の洗浄は厄介な必須作業。

当時その仕事を見ていたお得意様の松岡金属工業の松岡社長が、使用済みの鉄板をへらでこすり落とすための効率的な作業台を考案して無償でプレゼントして頂いたことを今でも鮮明に覚えています。

オーダーの商品を出し、洗い場を片付けた隙間の時間を見つけては作業台で使用済みの鉄板をこすり、傍に設けた洗剤入りの一斗缶の溶液に浸したうえで、ふやけたらそれを金タワシでピカピカに磨いて水で洗浄してふき取った後、油をひくという作業でした。

忙しい日はすべての使用済み鉄板を閉店後に行うこともありました。

この便利な作業台もロストルクリーナーを導入してからは活躍の場面がなくなり無用となりましたが、松岡社長に対する恩義が忘れられない為、廃棄することができずに長い間倉庫で眠っていました。

そんな時、思わぬところで復活の舞台が登場しました。

ロストルクリーナーはチップ材を投入したドラムを回転させて洗浄する構造のため、衝撃に弱い鋳物の鉄板では破損してしまいます。

3年前に独立した長男の「かどもつ食堂」では鋳物製の鉄板を使用しているので、この機械は使えません。

そこで、眠っていた作業台を持参したところ「使い易い」と大喜びで、今も重宝してもらっています。

現在使用中のロストルクリーナーは2台目ですが、初めて設置した当時のアルバイターだった堀田幸次君が「時給が上がったうえ、こんな便利な機械を入れてくれて嬉しい」と歓声を上げていたのが印象的です。

そんな2代目ロストルクリーナーも、最近は内部のゴムがボロボロになり、3代目とバトンタッチさせることを決意しました。

ロストルクリーナーGRC-55C
15日に導入するのは55C型で、新型機の採用でさらに綺麗になった焼肉網(スパーネット)でお客様に焼肉をご賞味願えたら、なんて勝手な想像をしております。



[ 2016/04/13 17:51 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひがし(チェ・従業員)

Author:ひがし(チェ・従業員)
   
関西焼肉の女王、
いかりんさん始め、
多くの方々のサポートにより、
関西テレビ「ほんじゃに!」
「よーいドン!」
「モモコのOH!ソレみーよ!」

雑誌「焼肉ニクいっす!」

「特上 関西肉本」、
「KANSAI WALKER」等々、

数々のメディアに
ご紹介頂けるまでになりました。

創業40年、
全ての商品を国産&和牛に
こだわり続け、
地元千林でひっそりと
こつこつやってます。

皆様、ぜひ来ておくんなれー

大阪市旭区大宮3丁目18の18
06・6953・9715
06・6955・1801

定休日:水曜日(祝祭日は営業!翌日の木曜日に代休)

韓菜和牛オフィシャルホームページ

メールはこちら!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム