FC2ブログ

韓菜和牛コリアハウスBLOG

【韓菜和牛コリアハウスBLOG】
2013 101234567891011121314151617181920212223242526272829302013 12
月別アーカイブ  [ 2013年11月 ] 

天井知らずの枝肉相場の上昇

暫くブログをさぼっているうちに、立冬を過ぎもうすっかり冬の季節となりました。

急激な気温の変化でお風邪など召されないようご自愛下さい。

牛肉の枝肉相場が天井知らずの上昇を続けています。

牛肉の消費量が急拡大したのではなく、高騰の主因は牛の供給不足と言われています。

幸いにも、弊店の仕入れ価格は、枝肉相場の急騰と裏腹に危惧していたほどの上昇は、これまでのところみられていません。

緩やかな景気回復が伝播されているものの、根強い低価格・節約志向が続いている世情を背景に値上げに踏み切れない牛肉の卸売業者が、必死の合理化によって利幅を縮小してそれを回避してくれているからと推察しています。

毎日、紙上で公開されている和牛の価格表をのぞいてみると、弊店が主に取り扱っている「A4」ランクの枝肉の値段が、昨年の今頃なら「A5」の最高級の品質が買えるほどの上昇ぶりです。

つまり、昨年の「A4」の枝肉相場が現在の「A3~A2」の価格に相当します。

牛不足になった原因は、2010年に宮崎県で発生した牛・豚・水牛の口蹄疫の流行に伴う28万8643頭にも及ぶ大量殺処分の影響だと考えられます。

本来なら、殺処分された牛たちの間で生まれた子牛たちが成牛となって、今年から市場に流通していたはずです。

さらに、東京電力福島第一原発の事故で、福島県周辺の畜産業の生産基盤が落ち込んだことも一因だと思います。

以前から、食肉業界では「牛不足現象は年末に向けて一層強くなる」と言われていましたが、この予測は不幸にも的中してしまった格好です。

一方、安価な輸入牛肉は①急激な円安による輸入価格の上昇②国際的な穀物価格高騰に伴う現地相場高③豪州産牛肉の仕入れ価格にかかる中国や米国との競合ーーーなどの理由で輸入量が減少しています。

このように、国産和牛を取り巻く環境は累卵の危うきにある不如意な状況ですが、弊店では努力次第でこの難局を乗り越えられると確信しています。

寒暖の差激しき折、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

スポンサーサイト
[ 2013/11/13 20:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひがし(チェ・従業員)

Author:ひがし(チェ・従業員)
   
関西焼肉の女王、
いかりんさん始め、
多くの方々のサポートにより、
関西テレビ「ほんじゃに!」
「よーいドン!」
「モモコのOH!ソレみーよ!」

雑誌「焼肉ニクいっす!」

「特上 関西肉本」、
「KANSAI WALKER」等々、

数々のメディアに
ご紹介頂けるまでになりました。

創業40年、
全ての商品を国産&和牛に
こだわり続け、
地元千林でひっそりと
こつこつやってます。

皆様、ぜひ来ておくんなれー

大阪市旭区大宮3丁目18の18
06・6953・9715
06・6955・1801

定休日:水曜日(祝祭日は営業!翌日の木曜日に代休)

韓菜和牛オフィシャルホームページ

メールはこちら!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム