FC2ブログ

韓菜和牛コリアハウスBLOG

【韓菜和牛コリアハウスBLOG】
2013 01123456789101112131415161718192021222324252627282013 03

「綾ちゃん」への感謝と「のりぴー」への期待

スポンサーサイト
[ 2013/02/27 17:45 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

「一犬虚に吠えれば万犬実を言う」と言うけれど・・・・。

先月下旬に(加えたくもない)馬齢を重ねました。

それでも、妻や息子夫婦から懇情の誕生プレゼントや食事の招待を受け、家族の温もりを感じながらひとり悦に入っていました。

父子というのは乱麻のように複雑な関係だと思うことがあります。時には師匠であり友であり、反面教師であったりします。

どんなに恭順なこどもとでも、稀に角逐や相克が生じるのは至極当然のことだと思っているが、それによって所産される確執などは微塵もありません。どんな口論があっても翌日には雲散霧消してしまっています。

口先では罵詈雑言を弄しながら、内心ではこどもたちの成長と店の繁栄を願う心に喜んでいたりします。

自省することもあるが、親父のメンツを保つため自分から折れたことは、頑固にもあまりありませんが!

自画自賛と失笑を買うかもしれませんが、ふたりの息子たちは性格的にいい大人に育ってくれたと思っています。妻が甘やかせず厳しく躾けてくれたおかげだと感謝しています。

そんな息子の一人、長男に悪い噂が流れていると今日、本人の口から聞いて心を痛めています。

「喧嘩して店を辞め対抗上、近所に店を構えた」とか「韓菜和牛の常連客の横どりを狙った」とかいう話です。

完全な“風評被害”です。

「一犬謙虚にほえれば万犬実をいう」の如く悪評の伝播は早いものです。誰が流布した発信源かは知る由もないが全く根も葉もないうわさです。

長男は本当の円満退職であるどころか、独立直前に事故で肩のじん帯を損傷した弟をかばって、自分の店の開店を遅らせてまでも韓菜和牛を支えてくれた功労者です。

もし噂が事実なら、私たち夫婦が開店の応援に駆け付けたり、弟が大勢の人を誘って祝い客として来店することなどあり得ないはずです。オープンして間がない頃は、状況が気になって妻と同伴で何度か客として食べに行ったこともあるし、ささやかな援助は今も続けています。

親として我が子の成功には快哉を叫びたいが、醜聞を耳にするのは寒心に堪えません。

デマの発信源は多分、勝手な想像が独り歩きしだした産物であり「カドモツ食堂」を陥穽するものではないと確信しているが、このような噂が一刻も早く終息することを心から願っています。

一方、「韓菜和牛」を引き継いだ愚息も、独立した兄貴の刺激を受けて、これまで以上のやる気を発揮して苦学力行しています。

根拠のない噂に流されることなく、一生懸命に頑張っているふたりの息子たちに温かいご支援を賜りますよう改めてお願い申し上げます。
[ 2013/02/13 20:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

憂鬱な2月だけれど梅の開花も

2月は商売人にとって憂鬱な月です。

そんな気分にさせる元凶は確定申告という”いじめっこ”。

難解な説明書に四苦八苦しながら解釈を重ねていくのは煩雑な作業です。

毎年のように少しずつ改正される税制が、思考をさらに困難の迷路へといざなってくれる。

それに拍車をかけるのが「損益通算」とかいう税制。

バブル期に買った株式の会社が、上場廃止に追い込まれ、やむなくその株式を売らざるを得ないケースがここ数年続いています。

この損失を申告すれば3年間に亘って、申告年度に得た配当金に賦課された所得税が還付されるという制度です。

もし株式の売買益があれば、その利益とも相殺してくれるらしいのですが、そんな嬉しい経験はとっくの昔に忘れてしまっています。

それでも申告の手間暇をかけると、たとえ僅かであるにせよ納付済みの税金が還付されるので、悪戦苦闘しながらも忸怩たる思いを忘れて計算機を叩いています。

顧問税理士と契約できればこんな苦労もないのでしょうが、弊店のような”零細企業”では、間尺に合わない贅沢だと思うので諦めております。

経理に不案内な私にとって、12月は年末調整、1月は給与支払い報告書、2月は確定申告と、月に4回の休日を会計事務のために桎梏されています。新春第一号のブログで”宣言”した「遊び人への変身願望」は、もう少し先送りになりそうな気配です。

ストレスの蓄積で、普段でもパニック状態だといわれている小さな頭脳は爆発寸前ですが、かろうじて平穏を保っていられるのは難関な税制への挑戦を密かに愉しんでいる「分身」が存在しているからかもしれませんね?

この煩わしい作業が収束する頃には梅の花が春の到来を告げていると思います。

心躍らせる「鶯の初音」を楽しみに、韓菜和牛も開花の準備をしなければなりません。


[ 2013/02/06 15:53 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひがし(チェ・従業員)

Author:ひがし(チェ・従業員)
   
関西焼肉の女王、
いかりんさん始め、
多くの方々のサポートにより、
関西テレビ「ほんじゃに!」
「よーいドン!」
「モモコのOH!ソレみーよ!」

雑誌「焼肉ニクいっす!」

「特上 関西肉本」、
「KANSAI WALKER」等々、

数々のメディアに
ご紹介頂けるまでになりました。

創業40年、
全ての商品を国産&和牛に
こだわり続け、
地元千林でひっそりと
こつこつやってます。

皆様、ぜひ来ておくんなれー

大阪市旭区大宮3丁目18の18
06・6953・9715
06・6955・1801

定休日:水曜日(祝祭日は営業!翌日の木曜日に代休)

韓菜和牛オフィシャルホームページ

メールはこちら!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム