FC2ブログ

韓菜和牛コリアハウスBLOG

【韓菜和牛コリアハウスBLOG】
2012 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 09

来月で創業40周年

「店が空くから会社を辞めて何かやれ」。昭和47年の春、父親からの唐突な命令。

それまでの父は仕入れと経理に専念、焼肉・ホルモン屋「お多福」の経営はしていたものの、運営はすべて人任せにしていたのが実態。

その人が6月いっぱいで辞めて独立するので、空き店舗になるのを忌避したい父の戦略に白羽の矢を立てられたのが8人目に生まれた末っ子で長男のわたくし。

新聞社に就職して1年目に待望の編集部に編入、3年を過ぎて意気揚々としていた自分にとっては将に青天の霹靂でした。

辞職に不本意な自分の思いと、商店街に面した店舗を活用したい父の念願を叶えたい気持ち。心の中で角逐と相克を繰り返しながら超克して選んだのが、最も尊敬していた父の望んだ商売への道。

熟考してみれば、中学生時代から「30にして立つ」と起業を標榜していた自分にとって、この”辞職勧告”は「天の声」だったかもしれません。

ところが次に直面したのは「いったい何屋さんをすればいいのか?」という難題。

喫茶店は筋向いにあるし洋服屋さんやクリニング店、酒屋さん、花屋さんもあり、しかもそれぞれの店主さんには幼い頃から可愛がられた親しい間柄。こうした方々に疎ましく思われない職種は何かと沈思黙考してひらめいたのが父がやっていた焼肉屋。


「これなら誰に迷惑をかけることもなく堂々と店を立ち上げることができる」と一念発起、不案内で寒心に堪えないコリア・ハウス創業の第一歩を踏み出す27歳初夏の船出でした。

冗長な文章で「面白くない」と叱責を受けるかもしれませんが、続きを次回に書こうかな、なんて考えています。



スポンサーサイト
[ 2012/08/29 23:54 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

お盆休み いただきます

 尖閣諸島、北方領土、竹島と領土主権を脅かす事態を前に機能不全を起こしている日本外交に切歯扼腕する一方、メダル獲得数が38個と過去最多となったロンドン五輪は私たちに大きな感動を届けてくれました。この日のために過酷な練習に耐えてきた選手や周囲の皆さんに感謝と労いの言葉を贈らずには居られません。

 特に感銘したのはアスリートたちの謙虚さと、サッカー、卓球、バトミントン、バレー、競泳などにみられた結束の強さ。とりわけ、同一種目3連覇の偉業を果たせなかった北島康介選手の慙愧の念を忖度した入江,松田、藤井各選手が「康介さんを手ぶらで帰らすわけにはいかない」と奮起して、期待以上の銀メダルを獲得した競泳男子400㍍リレー。競技後のこの松田丈志選手のインタビューの言葉にチームワークの大切さを彷彿させる深い薫陶を受けました。

 韓菜和牛コリアハウスにおいても、食材を厳選してその最大限のおいしさを引き出すことに一意専念する料理人と、お客さんに気分よくお食事を楽しんで頂く雰囲気を演出する接客係のチームワークの重要性を再認識させられました。今回のロンドン五輪から得た教訓を胸に、スタッフ一同力を合わせて知行合一に努めたいと考えています。

 先月24日にオープンした長男のカドモツ食堂のブログをのぞいてみると、次々と新商品を開発するなど「平均睡眠時間が4時間」という言葉にも納得する凄まじい努力が感じられます。身体を壊さないことを祈念すると同時に、この苦労がいつか結実することを信じてやみません。

 翻って韓菜和牛を引き継いだ次男も「兄ちゃんが居なくなってからお客さんが減ったな~」とだけは言われたくないと苦学力行中 まず打ち出したのがハラミ・ユッケツラ・テッサ

 続いて和牛ごちゃ混ぜ二人盛り厚切り三種盛りで、いずれもご好評。

 さらに、サイド・メニューとして人気急上昇のチャンジャたまごめしおとなのワサビ茶漬け等々。

 店舗が近すぎる故、兄と弟がライバル店視しないかと、一抹の杞憂を抱いていましたが、商品を融通しあったり、お客様を紹介しあったりと協力関係を深めており欣快に思っております。長男の独立を機に、両者が共に切磋琢磨しして頑張っている姿を見られることは親として真に慶賀にたえません。

 申し訳ありませんが、韓菜和牛は20日から22日までお休みをいただきます。その間、カドモツ食堂は営業しておりますので、なにとぞそちらの店をご利用いただきますよう偏にお願い申しあげます。

 残暑厳しき折、皆様のご健康をお祈り申し上げます。
[ 2012/08/20 18:48 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)

息子の旅立ち

立秋を過ぎたとはいえ、毎日が猛暑日の連続ですが快調にお過ごしでしょうか?
約13年間、韓菜和牛コリア・ハウスの経営に粉骨砕身してくれた「従業員 ひがし(長男)」が7月16日付で退職、同月24日に新店舗を構えて以来、初めてのブログです。2006年3月にホームページを開設してから、ず~と彼に担当を一任していたので、その引き継ぎに関しては五里霧中の心境です。
厳しい経済環境の中での苦難の船出ですが、独立は彼の長年の念願であり、その夢が体現できたことに快哉を叫びたい思いです。当店としては支店としての体制を提案したものの、彼の希望は「自分の力量を試したい」と、安定より茨の道を選択、屋号も内臓肉(ホルモン)を主体とした「カドモツ食堂」として、韓菜和牛とはやや形態の異なる経営スタイルで新たなスタートを切りました。
「なんでまたこんな近くに?」と訝る声もよく耳にしますが、彼は何年も前から市内の空き店舗を数多く視察調査し続けてきました。しかし、なかなかお気に入りの物件に巡り合えず、やっと出会えた望みの店舗が、幸か不幸か当店のすぐ近くだったという次第です。
「カドモツ食堂」は順風満帆の出発とはいえないまでも「韓菜和牛」をご贔屓にして下さっているお客様たちの温かいご支援のおかげで、まずまずの繁栄ぶりです。開店に際してのご支援・お引き立てに心よりの感謝の気持ちを申し添えまして、今後とも両店に対し変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
[ 2012/08/08 21:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひがし(チェ・従業員)

Author:ひがし(チェ・従業員)
   
関西焼肉の女王、
いかりんさん始め、
多くの方々のサポートにより、
関西テレビ「ほんじゃに!」
「よーいドン!」
「モモコのOH!ソレみーよ!」

雑誌「焼肉ニクいっす!」

「特上 関西肉本」、
「KANSAI WALKER」等々、

数々のメディアに
ご紹介頂けるまでになりました。

創業40年、
全ての商品を国産&和牛に
こだわり続け、
地元千林でひっそりと
こつこつやってます。

皆様、ぜひ来ておくんなれー

大阪市旭区大宮3丁目18の18
06・6953・9715
06・6955・1801

定休日:水曜日(祝祭日は営業!翌日の木曜日に代休)

韓菜和牛オフィシャルホームページ

メールはこちら!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム